日常ブログ

西尾市、旧近衛邸

先日、西尾市の旧近衛邸を施工させていただきました。とても歴史ある建物で素晴らしい体験をさせていただきました。下記に旧近衛邸について紹介させていただいております。

 

歴史ある建物で、少し緊張しました。

京都の公家・近衛家の邸宅。お抹茶のサービスも行っています 。

(旧近衛邸については、以下観光協会抜粋)

旧近衛邸(きゅうこのえてい)は、摂家筆頭であった近衛家の邸宅の一部を移築したものです。 この建物は、江戸時代後期に島津斉彬の姫が近衛忠房に嫁いだことが縁で島津家によって建てられたもので、書院と茶室からなっています。六畳の茶室は、床框(とこがまち)がひときわ高く、点前座の奥に床の間を構えた「亭主床」(ていしゅどこ)という特異な構成で、瀟洒な花釘や花明窓(はなあかりまど)が用いられた公家の茶の湯にふさわしい品格を感じさせるものです。 書院ではお抹茶のサービス(季節の和菓子が付き・有料)が行われています。縁側から庭園を眺めながらのんびり一服してみてはいかがでしょう。

是非、西尾市に足を運んでいただいて、ゆっくり観光していただけたらと思います。素敵な庭園もございます。

詳細はこちらからどうぞ

  • LINEで送る